より良い暮らしをするために!電気工事は専門業者へ

電気工事の流れ[フローを知ることで今後の予定を立てやすくなる]

Reform News

より良い暮らしをするために!電気工事は専門業者へ

電気工事

依頼

依頼したい業者が見つかりましたら、サイトの問い合わせフォームか電話などで依頼しましょう。お急ぎの場合は電話連絡がオススメです。依頼時に希望する工事内容や希望の日時を伝えることになります。その後業者側より見積もりの連絡がくるはずです。見積もり内容に納得がいきましたら、工事を依頼しましょう。

工事開始

希望する日時に専門のスタッフが自宅まで訪問し、電気工事を実施します。もし疑問に思うことがあれば質問しましょう。たとえ作業中でも聞いてくれると思います。電気工事が完了しましたら、工事分の料金を支払って完了です。

電気工事の種類

設備を設置する

家電を使用するためのコンセントや、電気を点けるためのスイッチを設置します。生活の不便さを無くすのがこの工事の目的です。またそのほかにも照明を設置する工事も行うことができます。この工事によってLEDの照明に切り替えることができるので、照明の寿命を長くすることができます。

配線工事

新規で住宅を建てる際に、電気を利用することができるように、電線の接続をします。またリフォームする際にも配線工事が必要になることもあります。この工事の際に、床下に電線を配線することも可能です。

どれくらいの時間がかかるのか確認しておこう

工事の内容によって作業時間が異なります。もし自宅の色んな箇所をリフォームするのであれば、今後も様々な工事を予定しているはずです。またいつまでにリフォームを完了したいのかのスケジュールが決まっていることでしょう。予定通りに完了させるためには、工事の依頼時にどの程度の時間を要するのか確認するようにしましょう。

業者に寄せられるよくある質問

夜間の時間帯に工事はできますか?

多くの業者が土日祝祭日や夜間の時間帯でも対応しています。そのため都合がよい時間帯に工事を依頼することができます。まずは気軽に業者へ相談してみましょう。

見積もりよりも多く料金を請求されることはありますか?

そのようなことはほとんどありませんのでご安心ください。もし不安に思われるのでしたら、見積もりをもらう時に確認してみましょう。

調査するときは居なくてもいいですか?

原則立ち会いは必要ですが、調査内容によっては立ち会いが必要でないこともあります。もし何らかの事情があるのでしたら、依頼する時に申告しましょう。

個人で電気工事することは可能ですか?

電気工事を実施する場合は、資格が必要になります。もし専門知識がない状態で実施してしまうと、トラブルが起きる可能性が高いので、専門業者へ依頼することを推奨します。

電気工事する場合どこかへ申請は必要ですか?

もし電気が利用できる状態であれば申請する必要はありません。新築でありかつこれから電気を引き込む時は、その住宅があるエリアを管轄している電力会社へ届け出る必要があります。

広告募集中